鹿屋発婦人服ブランド話題 鶴丸さん運営「gru.rond」 果物柄、ドラマで使用

(2018/01/20 20:00)
テレビドラマで着用されるなど、メディア露出が増えつつある「gru.rond」の婦人服=鹿屋市寿1丁目の「fuse」
 国内外で注目を集める鹿屋発信の婦人服ブランドがある。鹿屋市札元1丁目のデザイナー鶴丸奈千さん(34)が立ち上げた「gru.rond(グルロン)」。果物をテーマにデザインした服がテレビドラマで俳優が着用するなど、話題を呼んでいる。
 ブランド設立は2014年。同市の高校を卒業後、東京の服飾専門学校を経てアパレルメーカーで8年間デザイナーを務めた経験を生かし、法人を立ち上げ1人で運営している。
 服飾メーカーは、生地は、あらかじめ柄などがデザインされたものを業者から購入し、服を作るケースが多い。しかし、鶴丸さんはオリジナル柄の生地と国内生産にこだわる。ブランドイメージを固めるため、シーズンごとにテーマの果物を設定。これまでにブドウ、バナナ、ザクロなどを取り上げた。
鹿屋市を拠点に婦人服ブランド「gru.rond」を立ち上げ活動する鶴丸奈千さん=同市札元1丁目の「fuse」
(記事全文は21日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース