川内原発

連 載 関連ニュース


川内原発を考える  東日本大震災後に設けられた原発の新規制基準について、原子力規制委員会は九州電力川内原発1、2号機(薩摩川内市久見崎町)の適合性審査を優先して進めている。川内原発には核燃料や使用済み燃料が貯蔵されており、再稼働にかかわらず事故の危険と無縁ではない。半径30キロ圏の原子力災害対策重点区域を中心に住民避難の課題を考える。

※この連載は1回目のみ全文を掲載します。
住民説明会/計画の粗さ浮き彫り 14/05/14
要援護者/体調考慮し退避優先 14/05/15
受け入れ後/具体性欠く生活計画 14/05/16
フクシマの声/「正しい情報」どこに 14/05/17
実効性/計画検証 住民目線で 14/05/18

川内原発 再稼働の行方  川内原発停止から約2年。再稼働申請は8日にも行われる予定だ。拮抗(きっこう)する鹿児島県内の賛成・反対派双方の考えや課題も指摘される安全対策、再稼働を急ぐ九電の思惑を追った。
(原発問題取材班)

※この連載は1回目のみ全文を掲載します。
マイナス25億円/「経済疲弊、もう限界」 13/07/02
続く反対運動/「未来へツケ残すな」 13/07/03
九電/赤字脱却へ早期申請 13/07/04
医療・福祉施設/避難計画策定に遅れ 13/07/06
安全対策/不安解消へ課題多く 13/07/07

[関連記事]

川内原発避難路のトンネル着工 いちき串木野で安全祈願祭

(2017-07-29)
工事の安全を祈る関係者=28日、いちき串木野市の黎明トンネル建設現場
 いちき串木野市荒川と同市羽島を結ぶ「黎明(れいめい)トンネル」建設工事の安全祈願祭が28日、現地であった。原発事故時の避難ルートとなる県道川内串木野線の一部で、開通すれば海岸沿いの急カーブや道幅の狭さが解消される。
 トンネルは全長724メートル、車道幅6メートルの片側1車線。本体は工事費約15億円で、4月に着工した。2018年10月完成を目指す。開通までに舗装や付帯施設整備などでさらに1年以上かかる見込み。
 県道川内串木野線は、薩摩川内市といちき串木野市を結ぶ総延長36.7キロ。両市の地域防災計画で、原子力災害時の避難経路となっている。黎明トンネルが代替する区間は、急カーブや狭さが避難の妨げになるのではと、不安の声が出ていた。
(記事全文は29日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)
[記事一覧]
2017/07/29 川内原発避難路のトンネル着工 いちき串木野で安全祈願祭